天然型と合成型【ホルモン剤の成分】

安全性重視なら天然型  効果重視なら合成型?

 

ホルモン剤の成分には天然型と合成型があります。
天然の成分か科学的に作られた成分かの違いです。

 

【天然型】
安全性が高く体への負担が少ない。

 

 

【合成型】
効果時間が長く効力も強化されている。
効き目が強い分副作用がでやすく体の負担も大きめ。

 

 

 

天然型の女性ホルモン剤

 

 

プレマリン

 

プレモン

 

エストロモン

 

オエストロジェル

 

クリマラ

 

 

 

合成型の女性ホルモン剤

 

 

 

リノラル

 

エチ二ラ

 

プロベラ

 

プロベラジェネリック(Meprate)

 

マレフェ

 

アンドロキュア(アンドロクール)

 

ダイアン35

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ついったーでMTF向けのお役立ち情報を発信しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 

関連ページ

 

女性化おすすめホルモン剤

 

MTFの女性化基礎知識