プレマリンの女性化効果について【MTF男→女】

プレマリン

premarin

 

 

 

天然型卵胞ホルモン【エストロゲン】
成分:    結合型エストロゲン 0.625mg
効果:   ☆☆☆★★
健康リスク:  ☆☆★★★
半減期:   6時間

 

 

 

女性化レビュー

 

卵胞ホルモンの王様。製品の質と信頼性はトップクラス

 

 

ゆるやかな女性化作用があるためホルモン剤を初めて使用する方に適した製品です。
最初からいきなり強力な製品を使用すると急激にホルモンバランスが変化し、体に大きな負担がかかります。
プレマリンでホルモンバランスを徐々に女性よりにしていくことで副作用を抑えて女性化できます。

 

 

 

成分も安全性の高い天然のホルモンです。
血栓症リスクは全てのホルモン剤にありますが、プレマリンはその中でもリスクは低いです。

 

 

 

女性化での服用法

 

1日の服用量の目安は4錠〜6錠です。

 

ホルモンバランスは一人一人違うため参考程度にしてください。
半減期が6時間なので、6時間ごとに分割して服用していくのが理想です。

 

【例】
1日4錠なら6時間ごとに1錠

 

 

 

コスパ

 

安さの面ではジェネリック(後発品)プレモンがおすすめです。

 

 

 

プレマリンについて

 

最も有名かつ最も歴史のある卵胞ホルモン剤です。
質が非常に良く信頼のおける製品です。
卵胞ホルモンを補充する目的で最も普及しており病院で頻繁に処方されています。
MTFの女性化、更年期障害の治療、月経異常の治療などで主に使用されます。

 

 

 

半減期

 

プレマリンの半減期は6時間です。

 

 

半減期とは薬の効果が半減するまでの時間のことです。
ホルモン剤の場合半減期に合わせて服用していくのが理想です。
そうすることで

 

・ホルモンバランスが安定するため体への負担が減り体調も安定する。
・24時間常に効果が発揮される

 

というメリットがあります。
なのでプレマリンの場合一日4回、6時間ごとに服用していくのが理想です。

 

 

 

成分について

 

プレマリンの成分は結合型エストロゲンです。
卵胞ホルモン【エストロゲン】であり、体を女性らしく成長させる作用のあるホルモンです。

 

 

 

卵胞ホルモンには【エストリオール】【エストロン】【エストラジオール】の3種類があり、作用の強さが違います。
結合型エストロゲンは体内でエストロンに変換され作用します。
エストロンは3つの中で真ん中の強さです。

 

 

 

豆知識

 

結合型エストロゲンは妊娠した馬の尿から精製した天然のホルモンです。

 

 

エストロン硫酸エステルナトリウム
エクイリン硫酸エステルナトリウム
17α-ジヒドロエクイリン硫酸エステルナトリウム

 

という3つの成分で成り立っています。

 

 

 

この内エストロン硫酸エステルナトリウムが体内でエストロンに変換され効力を発揮します。
他の二つは馬にのみ作用する成分で人には作用しません。
尿と一緒にそのまま排出されます。

 

 

割合で言うとエストロン硫酸エステルナトリウム(人に作用する成分)がおよそ80%で残り20%が無力な成分になります。
血中の女性ホルモン値を測った場合、この無力な20%も検出されるので検査値に含まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついったーでMTF向けのお役立ち情報を発信しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 

 

 

関連商品

 

 

 

プレマリン+マレフェ【20%割引】
malef
マレフェは女性化で用いられている代表的な黄体ホルモン剤です。
プロベラのジェネリックです。
プレマリンの効果を高め、男性ホルモンを強力に抑えます。
1日あたりの服用量は2.5〜10mgで2,3回に分けて服用します。
セット品だと20%割引で購入できるのでおすすめです。
→通販最安値

 

 

 

関連ページ

 

・女性化おすすめホルモン剤

 

・ホルモン剤一覧