ジェネリックとは

ジェネリック=後発医薬品のこと

 

医薬品やホルモン剤には特許があります。
特許には有効期限があり、切れると他メーカーが全く同じものを製造、販売できるようになります。
これをジェネリック〔後発医薬品〕と呼びます。
逆にオリジナルのものを先発医薬品と呼びます。
特許の有効期間は20〜25年です。
ジェネリックが見当たらない場合はその製品がまだ特許期間中の可能性があります。

 

 

 

ジェネリックは安いのが特徴

 

先発品は研究、開発、治験などで莫大な費用がかかっているため、その分販売価格も高いです。
しかしコピー品のジェネリックはそれらがかかっていないため低価格で販売できます。

 

 

 

デメリットもある

 

病院でジェネリックを使用するかどうかを聞かれるのはデメリットもあるからです。
それは効き目が必ずしも先発品と同じとは断言できないという点です。

 

 

 

なぜそんなことが起こるかというと、同じ製法で作られているとは限らないからです。
たとえ成分が同じでも製造方法が違うと、薬の溶けるスピードや分解されるスピードが変わってくることがあります。

 

 

 

すると人によっては先発品と比べて効果時間が変わったり効き目が違ってくることがあります。
そのためジェネリックは先発品と比べて相性がでやすいのです。
もし信頼できないのであれば多少割高でも先発品を選んだほうがいいでしょう。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

ついったーでMTF向けのお役立ち情報を発信しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 

関連ページ

 

女性化おすすめホルモン剤

 

MTFの女性化基礎知識