ピルの世代ごとのアンドロゲン作用

黄体ホルモンにはアンドロゲン活性作用(男性化作用)がある

outai

 

黄体ホルモンは男性ホルモンを抑える作用があるのでMTFの女性化には必須です。
しかし逆にアンドロゲン活性作用(男性化作用)もわずかにあります。
この作用の大きさは成分ごとに違うので、ホルモン剤を選ぶ際は注意が必要です。

 

 

 

ピルの選び方

 

たとえばピルの場合、第1〜第4世代というように4つの分類にわかれています。
なにを基準に分けられているかというと、
使用されている黄体ホルモンの成分によって分けられています。
なので世代ごとにアンドロゲン活性作用に傾向があります。

 

 

 

第2世代ピル・・・天然黄体ホルモンの数倍の男性化作用

 

第3世代・・・天然黄体ホルモンと同程度の男性化作用

 

第4世代・・・全くない

 

 

 

アンドロゲン活性が高い=男性化作用があるということですから、女性化には第4世代ピルを使うのが1番良いということになります。

 

 

 

世代が新しいほど血栓症リスクは上がる

 

しかしここで一つ問題があります。
ピルの世代が上がるごとに血栓症リスクも上がっていくことが研究でわかっています。

 

 

血栓症のリスクを抑えるなら古い世代のピルの方が良いということです。

 

 

 

バランスを考えると第3世代ピルが最も良いかも

 

個人的には第3世代ピルが一番MTFには適していると私は思います。
アンドロゲン作用は確かにありますが微々たるものです。
第4世代は血栓リスクが高めの第3世代よりもさらに2〜3倍も高いので絶対におすすめはできません。

 

 

 

第3世代の製品

 

酢酸シプロテロンという黄体ホルモンが使用されているホルモン剤です。
これが使用されている製品には

 

ダイアン
アンドロキュア

 

 

があります。

 

 

 

第4世代の製品

 

ドロスピレノンという黄体ホルモンが使用されているホルモン剤です。

 

ヤーズ
ヤスミン

 

があります。

 

 

 

プロベラに関して

 

プロベラはピルではないのでどれにも属していませんが、アンドロゲン活性作用は天然の黄体ホルモンとほぼ同じなので当てはめるなら第3世代になります。

 

 

 

結論

 

おすすめはダイアンプロベラです。
(アンドロキュアは強烈な薬なので除外)

 

 

 

通販リンク

 

ダイアンの最安値

 

プロベラの最安値

 

アンドロキュアーの最安値

 

ヤーズの最安値

 

 

 

 


 

 

 

<スポンサーリンク>

 

関連ページ

 

雑記一覧

 

おすすめホルモン剤