オエストロジェルのMTF向けレビューと通販最安値

オエストロジェル

oest

 

 

 

天然型卵胞ホルモン【エストロゲン】
成分:    17βエストラジオール 0.6mg
効果:   ☆☆☆☆☆
健康リスク:  ☆★★★★
半減期:   1日

 

 

 

女性化レビュー

 

最高クラスの総合評価を誇るホルモン剤

 

 

健康リスクが不安、血栓症が不安、しっかり効くか不安。
これら全てのお悩みを解決できる製品です。
あらゆる面で最高の評価を誇り、専門家であれば誰もがすすめるホルモン剤です。
健康リスクを最少に抑えつつ注射と同等の高い効果が得られるため、MTFの女性化において最も適した製品といえます。

 

 

 

クリマラと並ぶ二大巨頭

 

卵胞ホルモン剤(エストロゲン)の中ではクリマラと並んで最高評価です。
どちらも同じ成分で性能や価格にも差はないのでお好みで好きなほうを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

唯一運用面での違いがあり、クリマラはパッチタイプ(シール)で1週間ごとに張り替えなのに対してオエストロジェルは毎日1回塗っていくタイプです。
クリマラの方が楽ですが貼り続ける関係上かゆみ、かぶれがでやすいという難点があります。
そういった症状が出る方はオエストロジェルの方が良いでしょう。

 

 

→クリマラはこちら

 

 

 

オエストロジェル解説

 

卵胞ホルモン剤なので女性化作用があります。
女性のような柔らかくきめ細かい肌、細くしなやかな髪にする効果や、脂肪のつき方が女性的になるなどの効果があります。
体臭は女性的な甘いにおいに、体毛は薄くなります。

 

 

 

ジェルタイプのホルモン剤で、塗ると皮膚から成分が吸収されます。
吸収された成分は血流にのり全身に作用します。
直接体に吸収(経皮吸収)させることで注射と同等の高い効果が得られます。
血中濃度の安定性は注射よりも高いので頭痛、吐き気などの副作用はでにくいです。

 

 

 

成分

 

成分はエストラジオールです。
女性器から分泌される天然のホルモンなので安全性が高いです。

 

 

女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンに分類されます。
卵胞ホルモンには
【エストリオール】【エストロン】【エストラジオール】
という3種類があります。

 

 

どれも作用は同じですが効き目の強さが違います。
エストラジオールは3つの中で最も強い成分です。

 

 

 

効き目は注射並み

 

エストラジオールは安全性が高い反面、錠剤では吸収率が低く高い効果を得られないという欠点があります。
しかしオエストロジェルは皮膚から効率的に吸収されます。
その吸収率は錠剤の20倍
つまり効き目も20倍です。

 

 

 

健康リスク

 

血栓症のリスクはホルモン剤の中でも最も低いです。
成分のエストラジオールは肝刺激作用が弱く、凝固系がほとんど変化しないためです。
血栓症とは血液が固まって血管が詰まってしまう病気です。

 

 

 

肝臓の負担もホルモン剤の中で最も低いです。
皮膚から直接吸収されるため初回肝臓通過効果がなく、肝臓の負担を抑えれます。

 

 

 

※もちろんホルモン剤なので健康リスクがゼロでないことは承知しておいてください。

 

 

 

使用法

 

このページをブックマーク等してご使用ください。

 

 

1日1回塗ります。
広く伸ばして塗るほど吸収率が上がります。
お風呂上りがおすすめです。
塗った後数分間乾かしてから服を着ます。
1時間ほどたてば成分は吸収されるので洗い流しても問題ありません。
効果は24時間持続します。
塗布部位は毎日変えてください。

 

 

 

成分は血液にのって全身に作用します。
塗った場所だけしか効き目がないわけではありませんので安心してください。
毎日同じ量を塗りましょう。
ホルモンバランスが安定するので体への負担が減り副作用もでにくくなります。

 

 

 

塗る量

 

2〜3g
(有効成分量 1gあたり0.6mg)

 

 

 

MTFの理想は血中の女性ホルモンレベルを女性の基準値まで上げることです。
オエストロジェルなら簡単に達成できます。

 

 

 

2.5gの塗布で血中女性ホルモンレベルは90〜100pg/mlほどになります。(クリマラ100と同じくらいの効果)
女性化での理想は20〜200pg/mlの間です。
内容量が80gなので1ヶ月で使い切れば1日あたり2.7gです。

 

 

 

塗る場所

 

次のいずれかの部位に塗布してください。

 

 

・手首から肩までの範囲
・太ももの内側
・お尻

 

 

塗る場所によって吸収率が若干違ってきます。
海外の研究ではお尻が吸収率が高いことがわかっているのでおすすめです。
胸部、顔、外陰部及び粘膜には使用してはいけません。

 

 

 

ジェル剤は貼付剤(シールタイプ)と比べ単位面積あたりの成分供給量は少ないですが、塗布面積を広くすることで全身への総供給量は貼付剤とほぼ同程度にできます。
シールは貼っている間成分が供給され続けるので高い効果が得られますが、オエストロジェルは塗る面積を広くすることでそれと同等の効果が得られるということです。

 

 

 

人に移さないように注意

 

塗り薬は成分が人に移ります。
特に妊婦や子供には深刻な影響を与える可能性があります。
以下の点に気をつけてしっかり管理しましょう。

 

 

 

・塗った後は手をしっかり洗うこと
・肌の露出している部分には塗らないこと(服で隠れる部位に塗る)
・プールなど公共の場ではしっかり洗い流してから入ること

 

 

 

効き目が強いといっても黄体ホルモンはやっぱり必要

 

オエストロジェルは卵胞ホルモン剤です。
女性化するには黄体ホルモン剤も必要です。
黄体ホルモンは男性ホルモンを抑制する作用のある女性ホルモンです。
卵胞ホルモンで女性化し、黄体ホルモンで男性化を抑えます。
おすすめな黄体ホルモン剤はマレフェです。
マレフェはプロベラのジェネリックで安全性が高くゆるやかな効き目をもちます。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

ついったーでMTF向けのお役立ち情報を発信しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 

 

関連商品

 

オエストロジェル
oestr
→通販最安値

 

 

マレフェMTF10mg(MalefeMTF)
malefe
マレフェは女性化で用いられている代表的な黄体ホルモン剤です。
プロベラのジェネリックです。
オエストロジェルの効果を高め、男性ホルモンを強力に抑えます。
1日あたりの服用量は2.5〜10mgで2,3回に分けて服用してください。
→通販最安値

 

 

 

関連ページ

 

・女性化おすすめホルモン剤

 

・ホルモン剤一覧