アンドロキュアのMTF向けレビューと通販最安値

アンドロキュアー(アンドロクール)

andr

※アンドロキュアーとアンドロクールは同一製品です。

 

 

黄体ホルモン剤
成分:    酢酸シプロテロン 50mg
効果:   ☆☆☆☆☆
健康リスク:  ☆☆☆☆☆
半減期:   38時間

 

 

女性化レビュー

 

最も強力な抗男性ホルモン剤

 

男性ホルモンを抑える作用があるホルモン剤です。
短期間で男性化を止めることができます。
中々男性ホルモンが下がらず女性化が進まない時や女性化初期に男性ホルモンを一気に下げたい時などに一時的に使用されます。
去勢に匹敵するほどの効果と即効性があります。

 

 

 

女性化するには黄体ホルモンで男性ホルモンを抑える必要がありますが、その黄体ホルモンの中でも最も強力な製品です。
そのため抗男性ホルモンとも呼ばれています。

 

 

 

また、バストアップ効果の高さも実証されています。
海外の研究では卵胞ホルモン(エストロゲン)と合わせて使用したMTF全員の乳房の発達を長期間促進し、完全な女性型乳房を形成させたそうです。
そのため海外でも人気が高く、多くのMTFが使用しています。

 

 

 

注意すべき点は血栓症、肝臓病のリスクが他のホルモン剤よりも高いことと、それゆえ長期服用が禁止されていることです。
時間をかけて男性ホルモンを下げていくことに抵抗がなければマレフェ(プロベラのジェネリック)の方が安全でおすすめです。

 

 

アンドロキュア・・・即効性がある。健康リスクが高く一時使用限定。
マレフェ・・・ゆるやかな作用。安全性が高く長期服用向き。

 

 

 

女性化での使用法

 

このページをブックマーク等してご使用ください。

 

 

1日の服用量の目安    1〜2錠
肝臓への負担を考慮して2〜3回に分割して服用してください。

 

 

 

開始時

 

最初は1錠以下から始めます。
そこから服用量を徐々に増やしていきます。
いきなり2錠、またはそれ以上を服用してはいけません。
ホルモンバランスが急激に変動し体に大きな負担がかかり副作用もでてしまいます。
そもそも1錠でも十分な効果があるので、それ以上の量はおすすめできません。

 

 

 

服用中

 

血中の男性ホルモン値が目的の値に下がるまで服用を続けます。

 

 

一般男性の男性ホルモン値・・・277〜1111ng/dl
女性化における理想・・・35〜60ng/dl

 

 

個人差はありますが、一般的にアンドロキュアを1〜2錠服用していくと1〜2ヶ月程度で50〜100ng/dlになります。

 

 

 

服用期間は最大で6ヶ月間です。
6ヶ月以上の連続服用は健康面への影響から医学的に禁止されています。

 

 

 

やめる時

 

服用をやめる時は数週間かけて1日の量を1錠以下に減らしてからやめてください。
高用量から突然中止すると副腎不全を離脱効果として引き起こす可能性があります。

 

 

 

その後はマレフェなどの別の黄体ホルモン剤に切り替えてください。
効果はある程度維持されるので問題ありません。
ただし黄体ホルモン剤や卵胞ホルモン剤の服用を止めるとまた男性ホルモンが復活するので注意してください。
※女性化するためには女性ホルモン値を上げることも必要なので卵胞ホルモン剤も一緒に服用します。

 

 

 

ジェネリックが安くておすすめ

 

アンドロキュアはジェネリック(後発品)が販売されてます。
2000円ほど安い価格で購入できるのでMTFの方は皆そちらを購入しています。

 

 

ジェネリックとは同じ成分、効き目の後発製品のことです。
→ジェネリックとは

 

 

procur

 

 

 

 

アンドロキュア解説

 

アンドロキュアーやアンドロクールと呼ばれていますが同じ製品です。
男性ホルモンを抑制し男性化を止める作用があります。
成分は酢酸シプロテロンという黄体ホルモンです。
ヒドロキシプロゲステロンに属する合成黄体ホルモンの一種です。
つまりアンドロキュアを服用すると黄体ホルモンの効果が得られることになります。

 

 

 

ただし通常の黄体ホルモンと比べて男性ホルモン抑制作用が非常に強いのが特徴です。
プロベラと比較すると成分の強さは12倍、成分量は5倍です。
なのでアンドロキュア1錠=プロベラ60錠分の効き目となります。

 

 

 

ダイアンにも同じ成分が含まれていますが、ダイアンは1錠2mgなのに対してこちらは50mgと非常に高用量です。
それゆえ短期間、一時的な使用を前提とした製品です。

 

 

 

成分(酢酸シプロテロン)について

 

女性ホルモンの一種である黄体ホルモンです。
女性化効果はなく血中女性ホルモン値は上がりませんが、男性ホルモンを抑制する働きがあります。

 

 

 

酢酸シプロテロンは男性ホルモンの分泌を抑制し、さらに働きも阻害する二重ブロック作用があります。
抑制作用は全ホルモン剤の中で最も強力でプロベラの12倍の強さです。
具体的な作用は以下のとおりです。

 

 

 

・男性ホルモンの生産を抑える(強力な抗ゴナドトロピン作用)

 

ゴナドトロピンとは性腺刺激ホルモンのことです。
このホルモンが睾丸に男性ホルモンの生産を指令しています。
ゴナドトロピンを抑制することで睾丸の働きが低下し男性ホルモンの生産力が低下します。

 

 

 

・男性ホルモンの働きを阻害(強力な抗アンドロゲン作用)

 

ホルモンはレセプターと呼ばれる受け皿(受容体)にはまることで初めて体に作用します。
ホルモンの種類ごとに対応するレセプターは決まっており、鍵と鍵穴のような関係になっています。
酢酸シプロテロンは男性ホルモンのレセプターに代わりにはまるので、男性ホルモンを作用させなくします。
つまり体内で男性ホルモンが生産されてもそれを無力化します。

 

 

 

・デヒドロエピアンドロステロンからアンドロステンジオンへの変換抑制作用(テストステロンへの変換を防ぐ)

 

男性ホルモンは数種類ありますが、その中で最も作用が強くメインとなるのがテストステロンです。
デヒドロエピアンドロステロンはテストステロンの元となるホルモンです。
デヒドロエピアンドロステロン→アンドロステンジオン→テストステロンという順序で体内で変換され,テストステロンが作られます。
この変換を阻害するのでテストステロンの生産を防ぎます。

 

 

 

健康リスクについて

 

男性機能は急速に衰え、性欲はなくなり精子は生産されなくなります。
服用をやめれば基本的には元に戻りますが、必ずしも男性機能が完全に回復する保証はありません。

 

 

 

血栓症肝臓病のリスクは他のホルモン剤より高いため注意が必要です。

 

 

肝臓への負担の大きさは用量と服用期間に依存しています。
そのため日本では高用量を6ヶ月以上連続服用することは医学的に禁止されてます。
長期大量投与は肝細胞がんのリスクにつながります。

 

 

 

推奨される健康診断

 

以下の検査を定期的に受けることが推奨されます。

 

 

・肝機能検査
・プロラクチン検査
・血栓症検査
・血液検査(赤血球像に影響を及ぼすことがあるため)
・副腎皮質機能検査(副腎皮質機能が低下することがあるため)

 

 

 

・以下の症状がでたら注意

 

 

母乳が大量に分泌される→高プロラクチン血症

 

 

突然の呼吸困難、息切れ、胸痛→血栓症

 

 

黄疸(目や皮膚が黄色くなること)、吐き気、胸のむかつき、疲労感→肝機能障害

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

ついったーでMTF向けのお役立ち情報を発信しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 

 

関連商品

 

アンドロキュアージェネリック
procur
→通販最安値

 

 

クリルビタミン
malef
アンドロキュアの健康リスクである血栓症、肝臓病、ビタミンB12欠乏症のリスクを軽減してくれるサプリです。
→通販最安値

 

 

 

関連ページ

 

・女性化おすすめホルモン剤

 

・ホルモン剤一覧