プロベラで女性化、中性化したい男性へ

プロベラ

provera

 

 

合成型黄体ホルモン【プロゲステロン】
成分:    メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
効果:   ☆☆☆★★
健康リスク:  ☆☆★★★
半減期:   12〜17時間

 

 

 

レビュー

 

病院で最も処方されている黄体ホルモン剤です。
男性ホルモンをゆるやかに抑制していく作用があります。
男性ホルモン抑制作用は天然の黄体ホルモンの20〜50倍ありますが、体への負担は少なく安全性の高い製品として流通しています。

 

 

毎日飲み続けることで徐々に下がっていきます。
半減期が12時間なので1日2回に分けて服用するのが基本です。

 

 

男性(MTF)の使用に関して

 

男性が単品で服用すると男性ホルモンが低下することで男性的な特徴が薄れていき、いわゆる中性化が起こります。
しかし男性ホルモンと女性ホルモンの両方が低値になると性ホルモンの不足による更年期障害がおこります。
更年期障害とはだるさ、頭痛、多汗、冷え性、吐き気、めまいなどの体調不良です。
よっぽど長期間服用し続けない限りそのようなことは起こりませんが、基本的には卵胞ホルモンと一緒に飲んで女性化を目指すためのものです。。卵胞ホルモンと合わせれば更年期障害にはなりません。

 

 

購入する場合はジェネリックのマレフェの方が安くてお得です。

 

 

 

女性化での服用法

 

プロベラは半減期(効果時間)が約半日なので12時間ごとに飲むのが基本です。
1日一回だと効果が切れて男性ホルモンが復活してしまい女性化はうまく進みません。

 

 

1日の服用量の目安  2.5〜10mg

 

 

 

他のホルモン剤との選択肢

 

男性ホルモンを抑える薬としては他にスピロノラクトンアンドロキュアがあります。
スピロノラクトンは利尿剤で安全性はより高いですが、声が低くなる副作用があるため女性化ではあまり使われていません。
アンドロキュアは効果がとても高い反面、健康リスクも高いため長期服用には向きません。
なので基本的にはプロベラが一番バランスが良く、基本となっています。

 

 

 

ジェネリックが安くておすすめ

 

プロベラにはジェネリックがあるのでそちらの方が安くておすすめです。

 

 

→マレフェの最安値

 

 

 

豆知識

 

病院で受けれるホルモン注射「プロゲデポー」「プロゲストンデポー」と同じ効き目があります。
※効果時間は違います。
注射の成分名は
「ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステル」
マレフェやプロベラは
「メドロキシプロゲステロン酢酸エステル」
です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連商品

 

 

 

プロベラ(Provera)
provera
→通販最安値

 

マレフェMTF(malefe)
malefe
→通販最安値

 

 

 

関連ページ

 

・ホルモン剤一覧

 

・おすすめホルモン剤