FTMのホルモン注射に関するQ&A

FTM向けテストステロン注射の知識

ftm

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

デポー剤とはなんですか?

 

作用が長期間持続する注射剤の俗称です。
テストステロンは代謝が早く、投与してもあっという間に分解されてしまうので、デポ化して効果時間を延ばしています。
デポ化したものにはエナント酸テストステロンシビオン酸テストステロンプロピオン酸テストステロンなどがあります。
日本で主に使用されるのはエナント酸テストステロンエナルモンデポーと呼ばれています。

 

 

テストステロン注射は保険適応で受けれますか?

 

基本的には自由診療になります。

 

※保険適応とは・・・健康保険を使用して受けれる治療のことをいいます。自己負担額が3割で済みます。

 

※自由診療とは・・・病気や健康上の理由以外で行われる施術のことです(例えば美容整形など)。健康保険が使えず全額自己負担になります。性同一性障害の診断書がある場合は治療目的になるので保険適応で受けれます。

 

 

テストステロン注射の値段は?

 

自由診療で3000円前後が相場です。
本来医療費というのは国によって定められているのでどこの病院で受けても費用は一緒ですが、自由診療は病院側が自由に価格設定できます。
そのため値段にバラつきがあります。
あらかじめホームページ等で確認してから受けるのが良いです。
高い=良い物を使っているわけではないので注意しましょう。

 

 

打つ間隔はどのくらいがベストですか?

 

一般的には
125mg・・・2〜3週間に1度
250mg・・・3〜4週間に1度
です。
詳しくは服用量の求め方をご覧ください。

 

 

注射にはどんな種類がありますか?

 

FTMに一般に使用される注射

 

・エナルモンデポー
・テスチノンデポー
・テストビロンデポー
・テストロンデポー

 

上記の4つは販売名が違うだけで成分は同じです。(テストステロンエナント酸エステル)
1アンプル(1本)125mgと250mgがあります。
125mg/1A、250mg/1Aというふうに表記されます。

 

 

その他のテストステロン剤

 

・テストステロンシピオナート(テストステロンサイピオネート)
・テストステロンエステル
・ネビド

 

 

何科で受けれますか?

 

泌尿器科、美容整形外科、内科で受けれます。
性同一性障害の治療を行っている病院は少ないですが、もし家の近くにあるのならそこで受けるのがベストです。

 

 

副作用はありますか?

 

FTMにおける一般的な副作用については男性ホルモン投与の副作用をご覧ください。
注射でよくみられる副作用に関しては頭痛多血症があります。
これは投与間隔が長いほど起こりやすくなります。
原因は血中濃度の変動幅が大きいからです。

 

 

注射は投与量が多いほど効果時間が伸びます。
しかし一度に打つ量が多くなるほど血中濃度の変動幅も大きくなります。
変動幅が大きくなるとピーク時の血中濃度が過剰になるので頭痛などの副作用がでやすくなったり、多血症などの健康リスクが上がってしまいます。
対策として、
・125mgの注射を選択する
・ネビドを打つ
があります。

 

 

ネビドとは3ヶ月〜6ヶ月に一度打つだけで良い超長期効果型の注射です。
間隔は3〜6ヶ月に一度と長いですが、血中濃度はむしろ安定性があります。
ヘモグロビン、ヘマトクリットがあまり上昇しないため多血症のリスクは低く安全です。
価格は約3万円と高いですが、病院に通う手間と交通費をふまえると1ヶ月あたりの費用の差はあまりないかもしれません。

 

 

年齢制限はありますか?

 

条件として18歳以上であることと、性同一性障害の診断書が必要です。
診断書は精神科に通い、二人以上の医師に性同一性障害と認められることで発行できます。

 

 

【20歳未満の場合】
親の同意が必要となります。
2年以上の通院と医師の許可が下りた場合に限り15歳からでも可能になります。

 

 

注射のメリットデメリットはありますか?

 

テストステロンの補充には経口、経皮、注射の3つの摂取法があります。
経口、経皮と比べたメリットデメリットとしては、

 

【メリット】
・効果が高い
・効果時間が長い
・肝臓への負担が小さい

 

 

【デメリット】
・性同一性障害の診断書が必要
・病院に通わなければいけない
・血中濃度の変動幅が大きい(投与間隔で改善可能)

 

 

経口の詳細に関しては経口に関する知識
経皮の詳細は経皮に関する知識
テストステロン療法自体のメリットデメリットはテストステロン療法
をご覧ください。

 

 

 

関連ページ

 

→次のページ 経皮タイプのテストステロン剤の解説

 

 

 

テストステロン療法【番外編】 トップ