経口タイプのテストステロン剤の解説

経口タイプの解説

andriol
経口タイプとは錠剤、飲み薬のことです。
錠剤タイプでテストステロンを補充するメリットデメリット、注射や経皮タイプとの比較、アナボリックステロイドについて、代表的な商品と通販最安値などを紹介します。

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

代表的な製品と通販最安値

 

 

アンドリオール(Andriol)40mg
andriol
成分 ウンデカン酸テストステロン
成分含有率 1錠40mg 
内容量 60錠
服用量 1日4〜6錠
購入方法 個人輸入
オオサカ堂(最安値)7480円

 

[アンドリオールジェネリック]セルノス(Cernos)40mg
sernos
成分 ウンデカン酸テストステロン
成分含有率 1錠40mg 
内容量 30錠
服用量 1日4〜6錠
購入方法 個人輸入
オオサカ堂(最安値)2879円

 

 

血中濃度の安定性は高い

 

注射と比べて血中濃度の変動が小さいので副作用はでにくいです。

 

 

錠剤タイプは全てアナボリックステロイド

 

アナボリックステロイドとは科学的に作られたテストステロンの類似物質です。
天然テストステロンは経口投与では肝臓で瞬時に分解されてしまうため半減期(効果時間)が非常に短く、錠剤の成分では使用されていません。
なので錠剤タイプの製品は全てアナボリックステロイドです。
安全性の高い天然テストステロンを望む場合は経皮タイプが良いでしょう。
詳しくは経皮タイプのテストステロン剤の解説をご覧ください。

 

 

アナボリックステロイドの特徴

 

アナボリックステロイドは基本的にはテストステロンと同様の作用がありますが、天然のテストステロンとの違いとして、

 

・効果時間が長くなるように改良されている
・蛋白同化作用(筋肉増強作用)が強化されている
・男性化作用が低い

 

といった傾向があります。(ただし製品によって異なる)
錠剤には様々なアナボリックステロイドがあり、筋肉増強作用の強さも製品ごとにちがいます。

 

 

錠剤は男性化目的ではあまり使用されない

 

アナボリックステロイドは主に筋肉増強目的で使用されるものであり、男性化目的での使用にはあまり適していません。
天然テストステロンと比べて筋肉はつきやすいですが、血中テストステロン値が上がりにくく、男性化作用が低いためです。
なので男性化目的や単純にテストステロンを摂取したい場合は注射や経皮の方が効果、安全性共に高いです。
筋肉質な体を求めるFTMの方は注射や経皮でテストステロンを補充しつつ、アナボリックステロイドを一緒に服用することもあります。
(もちろんトレーニングをしなければ筋肉はつきません)

 

 

筋肉増強目的での使用に関して

 

アナボリックステロイドで筋肉増強をご覧ください。

 

 

錠剤タイプは肝臓に負担がかかりやすい

 

テストステロンは肝臓で分解されます。
経口投与の場合、肝臓→血中にのって全身を巡り効力を発揮→肝臓という経路を踏みます。
なので2回肝臓を通ることになります。
これを肝臓初回通過効果といいます。
2回通る分、肝臓への負担は大きくなります。
また、アナボリックステロイドは分解されにくい構造になっているため天然テストステロンよりも負担がかかりやすい傾向にあります。
なので基本的に長期服用には向いていません。
唯一向いているのは後述するアンドリオールとセルノスのみです。

 

 

 

男性化に適した製品はアンドリオールとセルノスのみ

 

唯一男性化目的で使用できる錠剤タイプとして、アンドリオールセルノスがあります。
この2製品はどちらもウンデカン酸テストステロンという成分です。
この成分は小腸を通してリンパ管経由で吸収されるように設計されているため、肝臓初回通過効果は起こらず肝臓への負担は最小限に抑えられます。
錠剤タイプの中では最も安全性が高く、長期服用に向いた製品です。
筋肉増強作用、男性化作用に関しては天然テストステロンに近く、他のアナボリックステロイドと比べてマイルドです。
ちなみにウンデカン酸テストステロンは注射のネビドと同じ成分です。

 

 

 

注射や経皮との比較

 

経口タイプのバイオアベイラビリティ(吸収率)約5%です。
例えばテストステロンを100mg服用したとすると、実際に体に作用するのは5mgということになります。
注射は100%、経皮は約10%です。

 

効果  注射≧経皮>経口
安全性 経皮>注射>経口

 

 

 

副作用

 

FTMにおける一般的な副作用については男性ホルモン投与の副作用をご覧ください。
錠剤タイプ独自の副作用としては肝臓への負担があります。
負担の度合いは製品に使用されている成分で決まります。
アンドリオールとセルノスはほぼありません。
それ以外のアナボリックステロイドに関してはアナボリックステロイドで筋肉増強で解説しています。

 

 

おすすめホルモン剤

 

[アンドリオールジェネリック]セルノス(Cernos)40mg
sernos
成分 ウンデカン酸テストステロン
成分含有率 1錠40mg 
内容量 30錠
服用量 1日4〜6錠
購入方法 個人輸入
オオサカ堂(最安値)2879円

 

 

 

関連ページ

 

→次のページ テストステロン投与中のFTMは妊娠する?したらどうなる?

 

←前のページ 経皮タイプのテストステロン剤の解説

 

 

テストステロン療法【番外編】 トップ