【FTM】代表的なテストステロン剤と購入法【塗り薬、錠剤】

摂取法ごとの代表的なテストステロン剤

 

テストステロンを摂取する目的で使用される代表的な男性ホルモン剤を紹介します。
注射、錠剤、塗り薬(軟膏)といったそれぞれの摂取法ごとの人気製品です。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

注射

 

・エナルモンデポー
・テスチノンデポー
・テストビロンデポー

 

 

 

この3つは販売名が違うだけで中身は全く同じです。
成分はテストステロンエナント酸エステルです。
これは効果時間を延ばしたテストステロンです。
内容量は1本(1アンプル)125mgと250mgがあります。
125mg/1A、250mg/1Aというふうに表記されます。

 

効果時間

 

125mg・・・およそ2週間
250mg・・・およそ4週間

 

 

購入法

 

病院でのみ受けれます。

 

 

塗り薬

 

テストヒールジェル
testheal
成分 天然テストステロン
成分含有率 1% 
内容量 70g(5×14)
最安値3425円

 

ジェル状の塗り薬です。
通販で入手できる塗りタイプとしては最安値の商品です。
皮膚から吸収されるため肝臓への負担を最小限に抑えられます
成分も天然テストステロンなため安全性にとても優れています。
5gごとに小分けにされているので使いやすいのも特徴です。
同じ塗るタイプで有名なグローミンと同一成分の製品です。
グローミンの内容量が10gなのに対してテストヒールは70gなのでコスパ的にお得でおすすめです。
ただ、テストヒールは外国製です。
グローミンは日本製(大東製薬)なので国産が良いという方はグローミンをおすすめします。

 


 

 

 

効果時間

 

1日1回塗るだけで24時間安定した効果が得られます。
効果を一定に保つために毎日なるべく同じ時間に使用します。

 

 

使用方法

 

testoheal
上腕や肩や腹部に塗ります。
広く塗るほど吸収率は上がります。
人に成分が移る危険があるため、衣服で覆われている場所以外には塗らないでください。
完全に乾燥するまで数分間待ってから、塗布部位をTシャツで覆います。
塗布後は手を石鹸水で洗ってください。

 

 

使用後、6時間は水泳やシャワーを避けてください。
プールに入る前や入浴前、性交前は人に移らないようにシャワーで洗い流してください。
塗ってから6時間たった後はシャワーやお風呂などに数回入ったり洗い流しても効果は落ちません。
これは成分が皮膚下に浸透しそこから持続的にテストステロンが供給されつづけるためです。

 

 

使用量

 

FTMの推奨投与量 1日5〜10g

 

5g使用した場合、血中濃度は平均約250ng/dl増加します。
1日10g使用するとデポー注射と同等の効果になります。

 

 

男性の基準値   277〜1111  ng/dl
女性の基準値   16〜86    ng/dl

 

 

通販最安値

 

テストヒールジェル(TestohealGel)

 

 

 

錠剤

 

[アンドリオールジェネリック]セルノス(Cernos)40mg
cel

 

成分はウンデカン酸テストステロンです。(テストステロン ウンデカノエートともいいます)
ネビドと同じ成分ですが、経口摂取では注射のように長い効果時間は得られません。
男性化目的で使用できる唯一の錠剤タイプといえます。
アナボリックステロイドですが、筋肉増強作用や男性化作用は天然テストステロンに近いです。
錠剤の中でも安全性が非常に高いのが特徴です。
価格的にも錠剤の中では一番安いのでおすすめです。

 

 

 

肝臓に負担がかからない

 

錠剤タイプは肝臓に負担がかかるという欠点がありますが、この成分は小腸を通してリンパ系に吸収されるように設計されているため肝臓を通りません。
よって肝臓初回通過効果を受けず、肝臓への負担は少なく済みます。
錠剤タイプの男性ホルモン剤の中で最も安全性が高いです。

 

 

服用方法

 

毎日2〜3回に分けて服用します。
食べ物と一緒に服用すると吸収率が上がるため効果が高くなります。
服用量はFTMの場合1日4〜6カプセルです。

 

 

通販最安値

 

[アンドリオールジェネリック]セルノス(Cernos)40mg

 

 

 

まとめ

 

最も優れた摂取法は注射です。
病院に行くことができない場合は塗り薬のテストヒールジェルが効果、費用、安全性といった面で総合的に最も優れていると思います。
とにかく筋肉増強作用の強いものを選びたいというのであれば錠剤のオキシポロン(Oxypolon)50mgなどが有名ですが、肝臓の負担も大きいため注意が必要です。

 

 

 

関連ページ

 

→次のページホルモン剤の服用量の求め方

 

←前のページ使用するテストステロン剤を決めよう

 

 

テストステロン療法 トップ