ホルモン治療をうけたい(FTM)

男性ホルモンで理想のあなたへ

 

※FTM(女性から男性へ)のホルモン治療を検討してる方用のページです。

 

 

男性から女性(MTF)の方は
ホルモン治療をうけたい(MTF)をご覧ください。

 

 

目次

 

・受ける前に知っておくべきこと
・ホルモン治療でどこまで変われる?
・リスクと副作用
・病院での治療の流れと通うペース
・いつまで続けるの?やめたい時は?
・費用
・治療は早いほうがいい?
・ホルモン療法でも性別適合手術と同等の効果は得られる
・未成年の方の場合〜ホルモン療法は18から〜

 

 

 

受ける前に知っておくべきこと

 

ホルモン治療(ホルモン療法ともいいます)は性ホルモンを投与することで身体を目的の性に近づける治療です。
男性ホルモンを投与し続ければ男性的になりますし、女性ホルモンなら女性的な外見に徐々に変化していきます。

 

 

 

ですがそれは、今ある性別を捨てるということでもあります。
なのでホルモン治療は次の条件を満たしていなければしてはいけません。

 

 

・ 性別が変わった後の生活を十分検討、実践し、問題がないことが証明されている。
・ 性別がかわることによる環境の変化、周囲の変化に耐えれること
・ 性別変化のリスク、ホルモン投与のリスクを明確に把握できている

 

 

ホルモン剤でホルモンバランスを変えるので当然体には負担がかかり、副作用もでてきます。
投与期間が長ければ長いほど元の性別に戻ることもできなくなっていきます。

 

 

 

開始する前に十分な検討が必要ですし始めるのであれば一生続ける覚悟が必要です。

 

 

 

ホルモン治療でどこまで変われる?

 

主要な変化

 

・のどぼとけの発達(声が低くなる)
・体毛が濃くなる
・陰核(クリトリス)の肥大
・月経の停止
・男性体型化
・筋肉の発達
・乳房の萎縮
・体脂肪減少
・髪が太くなる
・性欲が強くなる
・女性ホルモンの抑制

 

 

ホルモンバランスが男性と同じになるので、体が男性的に変化していきます。
逆に女性的な特徴は薄れていきます。

 

 

のどの軟骨が発達するので男性のような声変わりがおこります。
およそ1〜2年で声変わりは完了します。

 

 

 

体毛が濃くなりヒゲが生えてきます。(個人差あり)
男性でも体毛が薄い人がいたり、ヒゲの生え方は一人一人ちがうのでそれと同じです。

 

 

 

ペニスとクリトリスは元は同じ部位です。
胎児の段階で性別が決定されたのち、別々の発達をしていきます。
なので男性ホルモンを投与するとクリトリスは男性器のように大きくなっていきます。
とはいえ男性のものほど大きくなるわけではなく、これも個人差があります。

 

 

 

女性の場合お尻に脂肪がついているので大きいですが、男性のような引き締まった小さいお尻になります。
胸も脂肪なので多少小さくなりますがなくなるわけではありません。
完全になくすには手術が必要かもしれません。
筋肉が発達するためいわゆる逆三角形型になります。

 

 

 

皮下脂肪が落ちるので骨ばった見た目になり触り心地も固くなります。
肌質は男性ホルモンの影響で荒くなります。
髪は太くなり場合によってはハゲが進行します。
ハゲは男性ホルモンが原因でおこるからです。

 

 

身長や骨格は変わりません。

 

 

 

リスクと副作用

 

男性らしくなるかわりに女性らしさを失うことと、ホルモン剤による健康リスクがあります。

 

 

・膣の機能低下

 

長期間の投与により膣が萎縮し、自己浄化作用が低下します。
これにより、単純細菌による膣感染症を起こしやすくなります。
抗生物質で治療は可能です。

 

 

・皮脂分泌増加

 

ニキビや毛穴が男性のように目立つようになります。

 

 

・肝臓への負担

 

ホルモン剤は肝臓で分解されるので肝臓に負担がかかります。
ホルモン療法を始めるには健康であることが条件です。

 

 

・血栓症のリスク

 

男性ホルモンの影響で血液中のコレステロールと中性脂肪が増加しやすくなります。
動脈硬化や心筋梗塞などの重病につながります。

 

 

・妊娠について

 

ホルモン投与中は月経が停止するので妊娠することはありません。
投与をやめた場合、卵巣の機能は徐々に回復しいずれまた月経が起こるようになります。
月経が起これば妊娠はします。
しかし回復には時間がかかりますし、子宮が完全に回復する保証はありません。

 

 

・不可逆性の変化

 

低音になった声はホルモン投与をやめても元に戻りません。
ヒゲやすね毛も一度生え始めると投与をやめても生え続けます。

 

 

 

病院の選び方と治療の流れ

 

病院では注射による投与が一般的です。
アンドロゲン製剤を投与します。
男性ホルモンのことをアンドロゲンと言います。

 

 

 

ホルモンバランスを男性よりに保ち続けることで少しずつ男性的に変化していくので、ホルモン剤は常に投与し続ける必要があります。

 

 

注射を1〜2週間に1度のペースで打ち、、3ヶ月〜半年のペースで血液検査をします。
ホルモン剤で健康が損なわれていないかチェックするためです。

 

 

 

病院の選び方としては近場ほど良いでしょう。
注射を打ってもらうために1〜2週間に一度のペースで通うことになるからです。
1週間ごとに打ってもらうのが効果の面でも体への負担の面でも良いので、できるだけ1週間ごとに打ってもらいましょう。
2週間に一度ですと2倍の量を一度に打つことになるので体への負担が大きいです。

 

 

 

筋肉注射なので同じ箇所に打ち続けると筋肉が固まってしまい痛いです。
毎回別の個所に打ってもらいましょう。
病院によって料金が違います。
ホームページであらかじめ確認しておきましょう。
美容クリニックや泌尿器科やGID専門クリニックで受けるのが一般的です。

 

 

 

いつまで続けるの?やめたい時は?

 

なにか理由があってやめたい場合は本人の意思でいつでも中断は可能です。
とはいえ基本的に生涯通して継続していくのがホルモン療法です。

 

 

 

投与をやめると元のホルモンバランスに自然に戻っていきますが長期間投与を続けていると、女性ホルモンが復活するのに時間がかかる場合があります。
この場合女性ホルモンと男性ホルモンの両方が不足し更年期障害の症状が現れます。
医師に相談し男性ホルモンか女性ホルモンを投与してもらえば症状は軽減するので時間をかけて少しずつ投与するホルモン量を減らしていきます。

 

 

 

費用

 

ホルモン療法は健康適応ではないので治療費は3割負担でなく全額負担になります。
以下は全額負担での一般的な費用です。

 

 

注射は一回につ1000〜5000円程度かかります。
〔病院によってかなり差があります。〕

 

 

3ヶ月〜半年の間隔で血液検査が入り、この費用が5000円前後です。

 

 

 

全ての費用を合わせると一年当たり20万前後が相場です。
病院によっては10万円も行かなかったり、100万円かかる場合もあります。
自由診療なので治療費は医師や病院が決めることができ、バラつきがあります。

 

 

 

あらかじめ病院やクリニックのホームページで確認したり、医師に直接聞いてみましょう。

 

 

 

治療は早いほうがいい?

 

始めるのが早い方が効果がでやすいというのはあります。
人は性別に関わらず男性ホルモンと女性ホルモンの両方を体内で生産しています。
しかし男性は男性ホルモンが多いので男性化し、女性は女性ホルモンが多いので女性化します。

 

 

男性ホルモン→男性化を促すホルモン
女性ホルモン→女性化を促すホルモン

 

 

つまり男性ホルモン剤によって男性ホルモンを優位にしますと、その瞬間から男性化が始まります。
ですが、男性化が始まっても過去の変化〔女性化〕がなくなるわけではありません。
例えば30歳からホルモン療法を始めたとしますと、30年分、女性としての成長を積み上げた上に男性としての成長が積み上がっていくことになります。

 

 

 

なのでホルモン療法は始めるのが早いほど、より目的の性別に近づけます。
第二次性徴〔思春期〕前に始めると、見た目はほぼ完璧なものになります。

 

 

 

とはいえそんな早い時期から開始する方はごくまれです。
人生を大きく変える決断になるのですから早さよりもよく考えて決めることが大切です。

 

 

 

性別適合手術と同等の効果は得られる

 

女性ホルモンは主に卵巣で生産されます。
なので、早く手術で卵巣を取ったほうがいいという意見がありますが、そんなことはありません。

 

 

 

卵巣を取ったところで、女性ホルモンが完全に無くなることはありません。
副腎や他の臓器からも少しながら作られているんです。
卵巣を取らなくても正しくホルモン療法を受ければ、その機能を十分に押さえることができます。

 

 

 

長期にわたってホルモン剤を使用すれば性腺は萎縮してしまい、性別適合手術を行ったのと同じ状態になりますのであわてる必要はありません。

 

 

 

未成年は18から

 

 

 

ホルモン療法は18歳からでないと受けれません。
また、20歳未満の場合親の同意が必要となります。

 

 

2年以上の通院と医者の許可が下りた場合に限り15歳からでもホルモン療法が可能です。

 

 

 

総括

 

ホルモン治療は男性としての外見を手に入れれると同時に女性を失うことにもなります。
また、全てが望み通りに変化するわけではありません。

 

 

 

例えばMTF(男性から女性)の方は女性的な外見を求めて女性ホルモンを投与しますが、女性はみな美しくなるための努力をしていますよね。
化粧をしたり身だしなみや振る舞いに気をつかったりと。
そういったものはホルモン療法では手に入りません。

 

 

 

FTMの場合でも同じことで例えば筋肉質な体型を望んでいたとしても、ホルモン療法だけでは実現は不可能です。
男性でもトレーニングをしなければ筋肉質な体型は手に入りません。
ホルモン療法をすれば楽に理想が実現するわけではないことを承知しておきましょう。

 

 

 

大切なのはあなたがどうなりたいのか、なぜそうなりたいのかをよく考えることです。
その上で必要だと判断したのであれば、ホルモン療法はきっとあなたの願いをかなえる力になってくれるでしょう。

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

関連ページ

 

 

 

・病院で治療を受けたい

 

性同一性障害の診断の流れ

 

性同一性障害のホルモン治療について(MTF)

 

・ホルモン治療をうけたい(FTM)