プロギノバのMTF向け解説

プロギノバ

proginova

 

 

 

合成型卵胞ホルモン【エストロゲン】
成分:    吉草酸エストラジオール 2mg
効果:   ☆☆☆☆★
健康リスク:  ☆★★★★
半減期:   12〜20時間

 

 

 

効き目について

 

成分自体の強さはプレマリンの2倍です。
(プロギノバ=エストラジオール  プレマリン=結合型エストロゲン)
成分量はプレマリンの約3倍です。
(プロギノバ=2mg  プレマリン=0.625mg)

 

なので、1錠あたりの効き目の強さはプレマリン6錠分になります。

 

 

 

安全性はプレマリンよりもさらに優秀で、錠剤タイプではナンバーワンといっても良いです。
効き目の強さでいえばプレマリンとエチニルエストラジオール製剤の中間的な立ち位置といえます。
なのでプレマリンから強いホルモン剤に変更したいという場合はエチ二ルエストラジオールに行く前にまずこちらを試すべきです。
安全性の高い成分であるエストラジオールを高用量含んでいるので卵胞ホルモンを摂取するにはとても良い製品といえます。
エチ二ルエストラジオールよりもはるかに安全に女性化できます

 

 

 

コスパについて

 

オオサカ堂での価格比較
プレマリン28錠 約2000円
プロギノバ 56錠 約3000円

 

成分量も踏まえるとコスパはプレモンやエストロモンよりも上です。

 

 

 

成分に関して

 

成分は吉草酸エストラジオールです。
これは服用すると体内でエストラジオールに変換されます。
エストラジオールは天然エストロゲン(卵胞ホルモン)の中で最も強い効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連商品

 

 

 

 

 

マレフェMTF10mg(MalefeMTF)
マレフェは女性化で用いられている代表的な黄体ホルモン剤です。
有名な黄体ホルモン剤であるプロベラのジェネリックなので、
同じ効果をより安い価格で得られます。
プロギノバの効果を高め、男性ホルモンを強力に抑えます。
1日あたりの服用量は2.5〜10mgで2,3回に分けて服用してください。
malefe
→通販サイト最安値はこちら

 

 

 

南極クリルビタミン「クリルオイル+8種類のビタミン」【2袋購入で+1袋無料】
卵胞ホルモン剤の副作用である血栓症リスクを緩和するサプリです。
血液をサラサラにする効果+中性脂肪、コレステロールを抑える効果+8種のビタミン配合
kril
→通販サイト(最安値)はこちら

 

 

 

 

 

関連ページ

 

 

・マレフェ

 

・ホルモン剤一覧

 

・おすすめホルモン剤