ジヒドロテストステロン(DHT)

DHTは、テストステロンよりも男性ホルモンとしての活性が高い
本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。
ところが、このDHTは思春期を過ぎると、AGAだけでなく、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまいます。DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまいます。
アルファーリダクターゼにはタイプIとタイプIIの二種類が存在し、それぞれT型DHTとU型DHTを生成します。

 

AGAが出現する前頭部と頭頂部にはタイプUの5αリダクターゼが主に存在し、AGAが出現しにくい後頭部と側頭部にはタイプTが多く存在してるのです。通常、生えた髪の毛は2年〜6年は維持されるはずなのですが、DHTタイプUが標的器官である前頭部と頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターに接続すると脱毛に関するタンパクを生成し、一気に毛髪の寿命を縮め、数ヶ月から1年で成長が止まってしまいます。

 

そのタンパク質の代表的なものがTGF-β1と考えれています。
TGF-β1は細胞の働きを調節する内因性生理活性蛋白質でサイトカインの一種です。
TGF-β1が毛包細胞に存在するTGF-β1レセプターに結合すると毛包細胞の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛周期が退行期へ誘導されてしまうのです。

 

現在AGA治療の唯一の内服薬であるプロペシアは5αリダクターゼタイプUの阻害薬ですがTGF-β1をコントロールする治療薬の開発が望まれます。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンの1種で、同じく男性ホルモンの「テストステロン」が酵素の作用を受けることにより作られます。男性ホルモンは、ひげを生やす、声を低くする、がっちりとした体格にするなど「男性らしさ」の形成に関与している他、母親のおなかにいるときから男性器の形成を行ったり、思春期以降に性衝動を起こしたりするなど、「子孫を残すために欠かせない役割」を担っており、DHTの男性ホルモンとしての作用はテストステロンよりも強いとされています。
そんなDHTには、毛の成長に関連する遺伝子に指令を出して毛の成長を促進したり抑制したりする作用もあり、この作用がAGAの症状である「薄毛」を引き起こしています。
ここではDHTについて詳しくお話をします。まず男性ホルモンに共通の役割やDHTの特徴など、DHTの基本的なことについて一通り解説をしてから、DHTがAGA(男性型脱毛症)やAGA治療薬とどのように関連しているのかについて解説をしていきます

 

 

男性の体内で働いている主な男性ホルモンは「テストステロン」です。テストステロンは精巣(睾丸)から分泌されて体中を巡りますが、その際に髪の毛の根元にある毛乳頭細胞に入ると「2型5αリダクターゼ」という酵素の働きによって、より活性の高いDHTに変換されます。2型5αリダクターゼは、前頭部や頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞のほか、前立腺など、限られた場所に存在し、DHTを作っています。

 

 

男性ホルモンは、実は女性の体内にも存在しています。女性に「精巣」はありませんが、「副腎」や「卵巣」から、わずかにテストステロンが分泌されていることが明らかになっています。女性における男性ホルモンのはたらきは明確になっていませんが、これまでの研究により、骨格や筋肉の発達や男性らしい思考、性衝動などに、一因として関与していると考えられています。
また、女性でもAGAは起こる場合がありますが、その原因が男性ホルモンであるという医学的な確証はまだ得られていません。そのため、2型5αリダクターゼの働きを抑える作用を持つAGA治療用内服薬は、今のところ女性での使用が国内では認められていません。

 

 

 

DHTは、毛の成長に関連する遺伝子に指令を出す
胸毛やひげには、毛の成長を促し、毛を太く濃くする指令を出す
前頭部や頭頂部には、毛の成長を抑制し、毛を細く短くする指令を出すため、薄毛が引き起こされる

 

 

 

AGA治療に用いられる内服薬は、テストステロンがDHTに変換されるのを防ぐ薬
DHTの量が減るのでAGAの症状が抑えられる
現在国内で認可されているAGA治療用内服薬は「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類

 

現在、国内で製造販売が認可されているAGA治療用内服薬は、「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類で、ともに「DHT」を減らすことでAGAの症状を改善する薬です。フィナステリドの先発薬はMSD社から「プロペシア」という商品名で、ジェネリック医薬品は複数の製薬会社から「フィナステリド」という商品名で販売されています。デュタステリドはGSK社から「ザガーロ」という商品名で販売されており、ジェネリック医薬品はまだ発売されていません。

 

「フィナステリド」と「デュタステリド」はともに「2型5αリダクターゼ」の働きを邪魔する作用があり、テストステロンからDHTが作られるのを防いでAGAの発症を抑える効果を発揮します。

 

「デュタステリド」は、日本では2015年に認可されたばかりの新薬です。そのため、日本皮膚科学会によって2010年に作成された、現行のAGAの診療ガイドラインには、デュタステリドの記載がまだありません。
「デュタステリド」はAGAに関連する「2型5αリダクターゼ」だけでなく、「1型5αリダクターゼ」の働きも邪魔する作用を持っていますが、1型に対する作用が効果に関連するかどうかは今のところ医学的に明らかにされていません。ではフィナステリドと効果が全く同じかと言うとそうとも言えず、両者を比較した国際的な臨床試験により、フィナステリドよりもデュタステリドの方が高い発毛効果が得られたという結果が示されています。

 

 

AGA治療に用いられる内服薬は、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐ薬です。現在、国内で製造販売が認可されているAGA治療用の内服薬は、「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類で、いずれもその作用を有します。つまり、テストステロンからジヒドロテストステロンが作られるのを防ぐので、薄毛の進行を抑える効果があります。ジヒドロテストステロンが減ることで、短くなっていた髪の毛の成長期は正常な長さに戻るため、AGAの症状は改善されていきます。