【男になりたい】ホルモン療法を始めたい方へ【FTM】

ホルモン療法の基礎知識

 

体と心の性別が一致しないことを性同一性障害(GID)といいます。
その中でも体は女性で心が男性のことをFTMと呼びます。
ホルモン療法に興味がある、もしくは始めたいというFTMの方を対象にした基礎知識のまとめです。
bone

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ホルモン療法とは

 

性ホルモンを投与することで体を目的の性別に近づける方法です。
FTMの場合男性ホルモンを投与することで男性的な外見や特徴を手に入れることができます。
自分の体に対する違和感、不快感を軽減することができ男性として生活していくことが可能になります。
テストステロン療法ともいいます。

 

 

性別違和感、体の嫌悪感を解消できる

 

自分の女性的な体に対する嫌悪感を和らげることができます。
FTMの方が特に苦痛を感じるのは月経です。
月経はテストステロン療法によって停止します。
また、男性の象徴ともいえるヒゲや体毛が発達したり声も低音化します。
これらの変化に喜びを感じる方は多いです。

 

 

自分らしく生きれるようになる

 

男性として生きることが可能になります。
女性として振る舞う必要や自分に嘘をつく必要がなくなるので人生、生活面での苦痛が軽減されます。
また恋愛においても男性側に立つことが可能になります。

 

 

 

具体的にどうするの?

 

テストステロンを投与することで血中のテストステロンレベルを男性の平均的範囲(300-1000ng / dl)まで増加させます。
これにより体が男性として成長し始めます。

 

 

※テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
体内で生産される男性ホルモンにはテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)、 ジヒドロテストステロン(DHT)の3種類があります。
これらをまとめて男性ホルモン(アンドロゲン)といいます。
テストステロンは最もメインとなる男性ホルモンです。

 

 

どうやってテストステロンをとるの?

 

病院では注射で投与します。
美容クリニックや泌尿器科やGID専門クリニックで受けるのが一般的です。
個人で行う場合は錠剤、ジェル等を購入して行います。

 

 

病院で受ける場合の条件

 

・性同一性障害と診断されている(半年〜2年かかるのが一般的)
→詳しくはコチラ性同一性障害の診断の流れ

 

18歳以上である(20歳未満は親の同意が必要)

 

・2年以上の通院と医師の許可が下りた場合に限り15歳からでも可

 

 

個人で開始する場合の注意点

 

・何が起こっても自己責任

 

テストステロン療法には副作用や健康リスクがあります。
これらは全て自己責任の元受け入れなければいけません。

 

・正しい知識が必要

 

安全に男性化するためには正しい方法で実践しなければいけません。
また、メリットデメリットをしっかり把握しなければ後悔にもつながります。

 

・いずれ手術を受けたい場合は病院で

 

乳腺摘出手術、子宮・卵巣摘出手術を受けるには病院によって条件がある場合があります。
「○年以上テストステロン療法をしていなければ手術は受け付けない」や「個人でのテストステロン療法の期間は含めない」など。

 

 

 

ホルモン療法で得られる変化

 

 

陰核(クリトリス)肥大
ヒゲ、体毛の発達
筋肉量増加
皮下脂肪減少により見た目が男性っぽい印象になる
月経の停止
声の男性化
体脂肪の再分配
女性ホルモンの抑制

 

 

 

なぜテストステロンで男性化するの?

 

男性的に成長するか女性的に成長するかはホルモンバランスによって決まります。
なので女性でも男性ホルモン優位にすれば男性的に成長します。
一応女性でも男性ホルモンは分泌されていますがわずかです。
性ホルモンの大部分は生殖器から分泌されます。
男性は睾丸から男性ホルモンが、女性は卵巣から女性ホルモンが分泌されます。

 

 

男性ホルモンは女性ホルモンを抑制する

 

男性ホルモンには女性ホルモンを抑制する作用があります。
なので男性ホルモン剤を投与すると女性ホルモンは自然と低下します。
つまり男性ホルモン剤を投与するだけで男性のホルモンバランスにできます。

 

 

ホルモン剤は常に投与していかなければならない

 

ホルモン剤には効果時間があります。
投与をやめると体はまた徐々に元のホルモンバランスに戻っていきます。
つまり男性化が止まり、また女性化が始まってしまいます。
なので常に投与し続け効果を維持する必要があります。

 

 

男性化にはどのくらいかかる?

 

2〜4年ほどかかります。
この男性化の速度は遺伝子、ホルモン摂取開始年齢、健康状態、ホルモン剤の種類など多くの要因によって決まります。
声の変化や体つきは数か月ほどで変化してきますが、ヒゲの発達などは非トランス男性であっても数年、場合によっては10年にわたってじっくり発達していくので時間がかかります。
多くのFTMの方は急速に男性化することを熱望していますが、ホルモン療法を第2の思春期と考えると、同じだけの時間がかかるのは仕方のないことです。

 

 

ホルモン剤を大量に服用しても変化の速度が上がるわけではありません。
健康リスクが増大するだけなので適量より多く摂取することはやめましょう。
適切な服用量は一人一人ちがいます。
友人の服用量や本サイトに載っている推奨服用量は参考程度にしておくべきです。

 

 

 

関連ページ

 

→次のページ男性ホルモン投与による変化とかかる時間

 

 

テストステロン療法 トップ