【男性向け】女性化で起こる変化【MTF】

女性ホルモンによる具体的な変化

 

ホルモン剤によって女性ホルモンを優位にすることで女性化が起こります。
女性化すると以下のような変化が起こります。

 

 

 

中性化

 

男性ホルモンが減少することで男性的な特徴が薄れていきます。

 

 

 

皮膚の女性化

 

あなたが最も最初に気づく変化は肌です。
水分量が増えきめが細かくなり女性のようなしっとりなめらかな肌になります。
そして男性の皮膚に比べて薄く弱いものになります。

 

 

皮脂の生産は減り毛穴は小さくなります。
皮脂が減る分乾燥肌になりやすくなります。

 

 

また、女性は男性と比べて皮下脂肪が多く肌が柔らかいです。
これも女性ホルモンによるものなので、同じように皮下脂肪がつきぷにぷにした肌触りになります。
頬や唇にも脂肪がつき顔の輪郭が骨ばったゴツゴツした感じから、丸みのあるやわらかい輪郭に変わります。
顔が女性的な印象に変わるでしょう。

 

 

 

ニキビやはげの改善

 

男性ホルモン抑制により皮脂の分泌が減り角質も減るためニキビの改善と予防効果があります。
また、男性ホルモンが原因の脱毛症は改善に繋がります。
育毛効果と発毛効果が得られます。

 

 

 

乳房の発達

 

数週間以内に胸の発達が始まります。
最初のうちはハリや痛みを伴うことがあります。
これは乳房発達の通常の過程であり、徐々に痛みは消えていきます。
胸(乳腺)の痛みや圧迫感を感じたら胸が大きくなる前兆と考えてください。

 

 

発達の程度は女性と同じく個人差が大きくでます。
完了するには2年以上かかることがあります。
基本的にはAもしくはBカップで止まります。

 

 

一般的な傾向として、胸は脂肪なので痩せ型の方ほど大きくなりにくいです。
さらなるバストアップを目指したい場合は豊胸手術があります。
MTFの60%の方は豊胸手術を受けます。
ただし最もきれいな形のバストを手に入れる方法は、まずホルモン療法で胸の発達を完了させた後に手術を受けることです。
なので焦る必要はありません。

 

 

 

筋肉量減少

 

筋肉が減ることで手足が細くなり女性のようなきゃしゃな体つきになります。
普段使っている筋肉はそれほど落ちないので、トレーニング次第ではある程度の維持は可能です。

 

 

 

髪の女性化

 

髪もホルモンの影響を受け女性のような細くしなやかなものになります。

 

 

 

体臭変化

 

最初の数週間で汗や尿の臭いが変わってきます。
男性ホルモンの抑制によって皮脂の分泌が減少し、汗腺の一種であるアポクリン腺の活動が低下します。
これにより男性的な体臭が減少します。
また、においの質は女性のような甘いにおいに変化します。
発汗量も少なくなります。

 

 

 

体毛が薄くなる

 

髪に育毛効果があるのに対して髪以外の全身の体毛は薄くなっていきます。
ヒゲに関しては成長が遅くなったり薄くはなりますが、全てなくなることはありませんので脱毛処理が必要です。
もともと女性にも体毛はあり、これは正常であることを忘れないでください。

 

 

 

体型の女性化

 

脂肪のつき方が女性的になるので女性体型になります。
腰とお尻や太ももに脂肪がつき大きくなります。
脂肪のつき方の変化は数か月〜数年にわたってゆっくり変化していきます。

 

 

 

性欲低下

 

男性ホルモンは性欲を亢進させる作用があります。
なので男性ホルモンが抑えられることにより性欲が減退します。

 

 

 

性的機能不全

 

男性ホルモンが長期間抑制されると性欲がどんどん減っていき、最終的には勃起しなくなります。
また、精子自体も生産されなくなるので射精をしても透明な液がでるだけです。
服用をやめれば回復する場合もあれば完全に回復しないこともあります。
睾丸(金玉)は萎縮し小さくなっていきます。
典型的な服用量だと約25%、より高い量では服用を始めて1年程度で50%ほど小さくなります。

 

 

 

心理的変化について

 

女性化は体だけでなく心にも変化を及ぼします。
あなたの全体的な感情、性格は変わるかもしれないし、変わらないかもしれません。
これは人によって異なります。
女性化によって2度目の思春期を経験すると考えてください。
新しい感情が生まれたり、興味、嗜好や趣味が変化することがあります。

 

 

 

おすすめホルモン剤

 

→プレモン+マレフェ
and
これから女性化したい方やなるべく安全に女性化したい方におすすめ

 

体への負担が少なく安全性が高いのが特徴です。
効果、安全性のバランスが良くゆるやかな女性化作用があるため、ホルモン剤を初めて使用する方に適しています。
プレモンは卵胞ホルモンなので女性化作用があります。
マレフェは黄体ホルモンなので男性ホルモンを抑える作用があります。
病院ですすめられるスタンダードな女性化セットです。

 

プレモン 1日あたり 2.5〜3.75mg(6時間ごとに分割服用)
マレフェ 1日あたり 2.5〜10mg(12時間ごとに分割服用)

 

オオサカ堂ではセット販売されており個々で買うより25%お得になるのでコスパは随一です。

 

→通販最安値  セットなら25%割引

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

ついったーでMTF向けのお役立ち情報を発信しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

 

 

関連ページ

 

女性化おすすめホルモン剤

 

MTFの女性化基礎知識