プレマリンクリームで女性化は可能か

プレマリン膣クリーム

prec

 

 

女性化効果について

 

錠剤タイプのプレマリンと比べて吸収率が格段に良いため、女性化効果はこちらの方が高いです。
吸収率が高い分過剰摂取になりやすい点は注意が必要です。
頭痛や吐き気などの副作用が現れたら過剰摂取になっている証拠です。
女性化目的での1日の使用量は0.5〜2gです。

 

 

 

製品解説

 

プレマリン錠と同じ成分を配合するクリームタイプの卵胞ホルモン剤(エストロゲン)です。
「プレマリン膣クリーム」が正しい製品名で名前の通り膣に使用するものですが、皮膚からでも問題なくよく吸収されます。
錠剤と比べて肝臓の負担が少なく済みます。

 

 

 

同じ塗るタイプの製品にオエストロジェルがあります。
ホルモン剤比較【プレマリンクリーム】×【オエストロジェル】

 

 

 

関連ページ

 

 

・ホルモン剤一覧

 

・おすすめホルモン剤