MTFにおすすめできないピル

第2世代ピルは男性化作用が強い

pil

 

 

ピルの世代ごとのアンドロゲン作用で記述したように、第2世代ピルに使用されている黄体ホルモンの成分はアンドロゲン作用(男性化作用)が強いです。
なのでできれば他のピルを使用した方がよろしいかと思います。

 

 

第2世代ピルとは

 

ノルゲストレル、レボノルゲストレルという成分が使用されている製品のことです。
これらが使用されているピルは第2世代ピルであり、あまりおすすめできません。

 

 

製品名では

 

・トリキュラー
・プラノバール
・シクロプロギノバ

 

 

などがあります。

 

 

 

ピルの歴史

 

第2世代ピルは今でも世界中で使用されている素晴らしいピルです。
しかし男性化作用が強い点は昔から問題になっていました。

 

 

 

天然の黄体ホルモン自体にも男性化作用はあります。
しかし黄体ホルモンが分泌されている非トランス女性が男性化しないように、その作用は微々たるものです。
むしろ男性ホルモンを抑制する作用の方が強いので、男性化するどころか女性化します。

 

 

 

しかし第2世代ピルに含まれる黄体ホルモンは天然の黄体ホルモンの数倍の男性ホルモン活性作用があるため抑制よりも活性が優ってしまう場合があります。
そのため第2世代ピルを使用した一部の女性に男性化が起こるという副作用が見られました。
そしてこの問題を解消すべく第3世代、第4世代のピルが開発されました。

 

 

 

第3世代はアンドロゲン活性率を天然の黄体ホルモンと同程度にまで下げることに成功し、第4に至っては完全にゼロにすることに成功しました。
しかし世代が進むごとに今度は血栓症リスクが増大していくという新たな問題を抱えることになりました。

 

 

 

今でも第2世代ピルが現役なのはそのためです。
一長一短あり、どちらの方が優れているとは一概には言えないのです。

 

 

 

MTFに適しているのはどれか

 

ピルは新しい世代ほど男性化作用が減り血栓症リスクが増大します。
古い世代は男性化作用が強く血栓症リスクは低いです。
どちらが正解というのはないのでご自身が望む方を使用するのが良いかと思いますが、私としては第3世代ピルを最もおすすめしています。

 

 

 

第3世代は天然黄体ホルモンと同程度のアンドロゲン作用ですから女性化の妨げになるようなことは全くありません。
血栓症リスクとの兼ね合いを考えて最も良い選択肢だと思います。
第3世代ピルの筆頭はダイアンです。
よろしければご参考にしてください。

 

 

ダイアンの最安値

 

 

 

 


 

 

 

<スポンサーリンク>

 

関連ページ

 

雑記一覧

 

おすすめホルモン剤