ダイエットが続かない人の特徴と改善法【最終手段もあり!】

ダイエットが続かない人の4つの特徴

ke

・すぐに結果を求める
・頑張りすぎる
・カロリー計算でダイエットしている
・後回しにする

 

 

→すぐに結果を求める

 

結果を求めて頑張ろうとすると結果が出なかったときに嫌になります。

 

 

→頑張りすぎる

 

いきなり毎日1時間運動するとか、甘いものを一切断つといった大きな目標を設定すると、
毎日頑張らねばならなくなります。
当然ストレスがたまり嫌になる日が必ず来ます。

 

 

→カロリー計算でダイエットしている

 

ウォーキング等の運動で「今日は何キロカロリー消費した」や、
食事制限で「今日は何キロカロリーしかとらなかった」といった考え方では日常的にストレスを抱えることになります。
カロリーの高いものを食べる=失敗や自分に負けたという捉え方につながってしまいます。

 

 

→後回しにする

 

誰にでも経験あるかとは思いますが人はやろうと思ってることを後回しにすればするほど面倒くさくなります。
行動するために必要な心のエネルギーがどんどん大きくなっていきます。
上記でも言いましたが、いきなり大きな目標を設定すると必ず嫌になる時がきます。
嫌になると後回ししようとし始めます。
後回しするとどんどん面倒臭くなっていきます。
そしてやめてしまいます。

 

 

ダイエットを続かせる4つの思考法

 

 

・結果でなく過程に焦点を当てる
・習慣を身につける
・後回しにしない
・運動の意味を知る

 

 

→結果でなく過程に焦点を当てる

 

正しいダイエットは効果がすぐには現れません。
絶食などの間違った方法で行おうとする方が多いのはすぐに結果がほしいからだと思います。
しかしそれではリバウンドが待っているので結局無駄に辛い思いをするだけです。
地道にコツコツやっていくことが正しいダイエット法であり、
そのためには結果でなく過程に焦点を当て自分を満足させていくことが大事です。

 

 

結果をだすことに満足感や喜びを得るのではなく、一度決めた日々の目標を達成していくことに満足感を得るのです。
小さな努力から始め、それを毎日こなし、毎日自分を褒めてあげてください。
結果でなく過程に意義を見出すことで努力は継続させれます。

 

 

→習慣を身につける

 

ダイエットが続かない=一度決めた目標を続けられないということだと思います。
努力を継続させるには習慣化させることが大切です。
習慣を身につけるには頑張らないことが大切です。
そのために小さな目標から始めましょう
学生時代の期末テストの前日だけ徹夜で勉強をしてもあまり意味はありません。
その時良い点が取れたとしても勉強する習慣は身につかないからです。

 

 

頑張りすぎてもう嫌になってしまうんです。
勉強ができる人ほど毎日コツコツ勉強します。
なぜなら頑張りたくないからです。
無理して頑張ると嫌になってしまうからです。
なのでまずは毎日10分ウォーキングするという目標から始めましょう。
一日10分だけでも毎日やり続ければしっかり効果は現れます。
そして10分だけなら頑張らなくても毎日できるはず。
続けているうちに段々習慣として身についてきます。

 

 

習慣化できたら次の段階に進む準備が整ったという自分自身からのサインです
今度は1日10分だったのを20分に増やしてみてください。
20分に慣れたら今度は30分に増やしてみてください。
苦も無くできるはずです。
習慣として身についているからです。

 

 

→後回しにしない

 

後回しにすればするほど面倒になるのなら、
逆に即行動するクセをつけたらどうなるでしょうか?
実は逆のことが起こるんです。
どんどん面倒くさくなくなっていくんです。
習慣を身につけるにはこれが最も大切です。

 

 

これを実行するにあたっても上記で説明した、一日10分から始めるが役に立ちます。
いきなり毎日30分とか1時間運動といった大きな目標をたててしまうと必ず後回ししたくなります。
1日10分であれば後回しにしようとは思わないはず。
見たいテレビがあっても、
先に終わらしてから見ようと思えるはずです。

 

 

→運動の意味を知る

 

運動の目的はカロリーを消費することではなく、痩せやすい体質にすることにあります。
運動をすると筋肉がついて代謝機能が上がり、
脂肪をエネルギーに変える能力がアップします。

 

 

すると、ジッとしている時の消費カロリーも上がるので何もしていなくても痩せます
なので運動自体であまりカロリーを消費できなくても全然問題ないんです。
激しい運動や長時間の運動をする必要はありません。
1日10分のウォーキングでいいんです。
ただしほぼ毎日続ける必要があります。

 

 

体質を変えるには時間がかかります。
数ヶ月〜1年ほど運動を続けることで徐々に変わってきます。
そこからようやく目に見える結果として現れ始めます。
なかなか結果がでないとモチベーションが上がらないかもしれませんが、
見えない部分でしっかり体質改善は進んでいますので気長に待ちましょう。
結果がでれば体質が変わったことを意味するので後は努力せずとも痩せるのです。
食事制限は必要ありません。

 

 

食事を3食とることがダイエットにつながる

 

 

高カロリーなものを食べまくるのは良くありません。
しかし最もいけないのは食事をとらないことです。
脂肪の元となるのは中性脂肪です。
これは最初の段階では血液中に漂っており非常食のような存在です。
中性脂肪はすぐにエネルギーに変換することができる栄養素です。
生きる上で体のエネルギーが不足した時に即エネルギーに変換できるので、
そのもしもの時のために常に一定量が血液中に漂っています。
なのでこの状態の時に運動をすればすぐに燃えます。

 

 

しかし使われなかった中性脂肪は脂肪に変換されます。
つまりお肉となり太るわけです。
脂肪はさらに保存のきく非常食のようなものです。
肉としてずっと体に残して置けますが、
エネルギーに変換するのが大変なのでなかなか消費できません。

 

 

ここで重要なのが、食事を抜くと体は中性脂肪を増やそうとするということです。

 

中性脂肪が非常食なら食事制限をするほど
体は生存本能で蓄えようとします。
血液中の中性脂肪が増えれば、
それを全て消費するのにより大きな運動が必要になってきます。
消費できなければどんどん脂肪に変換され太っていきます。
リバウンドの原因はここにあります。
つまり食事を抜くと太りやすい体質になってしまうのです

 

 

体は常に脂肪を蓄えようと頑張りますので、
少しでもスキを見せれば即体重アップ。
食事制限しようにも体が求めていることとは逆のことをするわけですからすごく辛いことになります。

 

 

中性脂肪を減らす方法はズバリ1日3食しっかり食べることです。
食事を規則的にとると体は安心します。
脂肪を蓄えなくても平気だなと判断し、
中性脂肪の量を減らします。
つまり太りにくい体質=痩せやすい体質になります。

 

 

なので痩せやすい体質にするには

 

毎日の軽い運動+規則正しい食事

 

 

が最も効果的です。
運動をすれば代謝がよくなり消費カロリーが増えます。
食事をしっかり取れば痩せるために必要な運動量、消費カロリーはどんどん減っていきます。

 

 

毎日軽い運動をするだけで体は中性脂肪でなく脂肪を燃やし始めます。
いくら食べても太らない方っていますよね?
そういう体質になります。

 

 

この体質になってしまえば後は楽です。
多少食べすぎても脂肪はつきませんし、
ついたとしても勝手にまた元にもどります。
なにもしなくても元に戻ります。
運動すればいくらでもやせれます。

 

 

 

断食ダイエットや運動を伴わないダイエットは体質を太りやすい体質に変えてしまうだけで逆効果です。

 

 

 

最終手段はオルリファスト!

 

orli
正しいダイエット法は効果がでるのに時間がかかりますが、
どうしてもすぐに成果をだしたい場合はオルリファストというのもあります。
肥満大国アメリカで開発された痩せ薬です。

 

 

痩せ薬とはいっても脳に作用するとかそんな危険なものではなく、
単純に脂肪の吸収を阻害する飲み薬です。
食べたものに含まれている油の30%を、
体に吸収させずにそのまま体外に排出できます。

 

 

すぐに痩せなければいけない時はこちらのほうが良いかもしれません。
また上記のダイエット法と合わせて使えば短期間で大きく痩せることも可能でしょう。

 

 

しかし欠点もあります。
吸収されなかった油が便と一緒にでてくるため注意が必要です。
詳しく知りたい方は購入者レビューを読んでみてはいかがでしょうか。