副作用は過剰投与の証

適量なら副作用はでない

zutuu

 

ホルモン剤を服用していて頭痛や吐き気などの副作用は感じていませんか?
もしあるのでしたらそれは過剰投与の証です。
投与量を減らしましょう。

 

 

投与量が最適であれば副作用はでません。
副作用を感じないと効き目が実感できないので、不安になって量を増やしてしまうことがよくあります。
しかし適量を超えて摂取しても女性化は早まりません。
ただ副作用で辛い思いをするだけです。
減らすのは勇気のいることですが、ご自身の体を大切にしてください。
副作用がでるということは体が悲鳴を上げているということです。

 

 

 

副作用はホルモン剤との相性ではない

 

副作用はホルモン剤との相性で決まるという誤解があります。
確かにそういうケースもありえますが、基本的には投与量で決まるものです。
強力なホルモン剤ほど副作用がでやすいのは過剰投与になりやすいからです。
エチ二ルエストラジオール系の製品やアンドロキュア、クリマラあたりの強力な製品は過剰投与になりやすいので注意しましょう。

 

 

 

 


 

 

 

<スポンサーリンク>

 

関連ページ

 

雑記一覧

 

おすすめホルモン剤